井上やえ子の活動日誌

2003年4月19日 23時58分 | カテゴリー: 活動報告

介護の現場から・・・

重い糖尿病を患っているご主人を、介護されている方に話を聞きました。週2回、病院で透析、自宅ではほぼ寝たきりの生活だそうです。食事は毎食40分以上かけて奥様が口に運びます。透析にはヘルパーさんが付き添い、タクシーで出かけます。その時間が唯一ほっとできる時なの…とおっしゃっていました。自宅の2階でひなたぼっこをするのだそうです。核家族化、高齢化がすすみ、介護の負担は家族に重くのしかかっています。介護する人が元気でいられるような、助け合いのしくみが必要です。そんな場所を私はつくっていきたいです。