井上やえ子の活動日誌

2003年6月27日 00時11分 | カテゴリー: 活動報告

これからが楽しみ『こんぺいとう』の会

私は『こんぺいとう』という会に参加しています。
2001年度の男女共同参画センター企画「地域リーダー養成講座」の受講をきっかけに、区政やボランティア・NPO活動に問題意識をもった受講者の有志が継続して集まっています。『こんぺいとう』の名称は、「いろいろな人がいて、凸凹のあるこんぺいとうみたい」とか、ポルトガル語のconfeitoは「砂糖菓子」の意味ですが、近縁語のconfeccionsarは「調整する」、conferenteは「協議する・会議する」の意味があるなど、いろいろな考えの人が混ざって会議を開こうとするこの会にぴったり、と命名されました。
昨年11月には、男女共同参画センターのセミナーを『こんぺいとう』が企画、コミュニケーションづくりを「針ねずみ社会に学ぼう」をメインテーマに、5回の連続講座を組みました。動物園の飼育師、弁護士、落語家、鍼灸師さんなど、バラエティにとんだ講師によるお話と、最終回は炭焼き体験もしました。竹、松ぼっくり、レンコン、人参、柿、ありとあらゆるものが炭になることに驚きました。すばらしい作品が次々と生まれ、参加者には大好評。もちろん炭焼きの講師はこんぺいとうのメンバーです。
今年度もこんぺいとうが企画する秋の啓発講座「あなたならどうする!」が進行中です。どんな内容になるかお楽しみに!