商店街架空線地中化事業

2004年1月25日 22時42分 | カテゴリー: 活動報告

建設委員会報告

建設委員会で、電線地中化計画の報告がされました。
 
 品川区内の2か所の商店街が電線地中化事業計画に手をあげ、道路の埋設物の調査が進められようとしています。
2か所の商店街は北品川1・2丁目の旧東海道と戸越銀座通りです。電線地中化には商店街の活性化を図る目的もあります。

 選定にいたる経過は、まず2003年8月8日に品川区内にある107の商店街を対象に電線地中化事業の説明会を開きました。その中で事業化を希望する24商店街に対しては商店街・地元の意見を把握したうえで、2003年12月に最終的に品川・荏原地区から各1路線を候補路線としました。

 今後は年度末までに予備設計を行います。2004年度は詳細設計をし、2005年度から整備工事に着手します。工事予定は3年余かかるのではないかと予想されます。
 地元住民には本格工事が始まる2005年に地域説明会をするとしていますが、地元住民だけではなく、品川区のまちづくりとして区全体で協議していけるように考えていくべきではないでしょうか。