2004度第2回定例会を終えて

2004年7月21日 00時40分 | カテゴリー: 活動報告

7月8日(木)第2回定例会が終了しました

 
今回の議会には5件の議案と1件の陳情が提出され、5議案可決、陳情は不採択になりました。生活者ネットワークは5件の議案のひとつ、第60号議案「品川区立児童センター条例の一部を改正する条例」に以下の理由から反対しました。

 この議案はすまいるスクール開設に伴い、学童保育クラブ5館(大井・大崎・芳水・原・一本橋)を廃止にするという改正案です。

 4月からすまいるスクールが始まっている学校に通う児童は学童保育クラブに通えなくなりました。
 学童保育クラブからすまいるスクールへの移行については多くの保護者から、性急に学童保育クラブを廃止しないでほしいという要望がありましたが、今年の4月に児童センターの併設館を含む分館10館がすでに廃止されています。

 生活者ネットは子どもたちの多様な居場所として、すまいるスクール、児童センター、学童保育クラブなど選べる場所が必要だと考えています。
 
 学校によっては過密するすまいるスクールの状況や子どもの成長を助けるおやつの問題、障がい児の受け入れなどたくさんの課題が残されたままの状態で、学童保育クラブを廃止するのではなく、保護者や地域住民の意見を聞き、児童の地域バランスも考慮し、学童保育クラブの存続も含め再考するよう求めて、反対討論を行いました。