市民の議席復活!池座俊子さんを応援に狛江へ

2008年6月14日 00時12分 | カテゴリー: 活動報告

市議の補欠選挙の投票日は22日

 狛江市では市長選挙に伴って市議会議員選挙の補欠選挙が行われます。狛江・生活者ネットワークは前市議会議員池座俊子さんを予定候補者に擁立しました。池座さんと私は東京・生活者ネットワークの運営委員であり、今年から池座さんは東京ネットの3人の代表委員の内のひとりです。6月12日には池座俊子さんの政策ニュースを配って6時からは3箇所の応援遊説をしました。

 池座さんは介護保険制度の課題を指摘し、若い世代の介護従事者の労働条件の待遇改善は、介護の社会化を充実する上には欠かせないとアピールしました。そこへ福祉施設で働いているという女性が駆け寄ってきて、若いヘルパーが福祉施設をやめていく実情を訴え、自分のように子育中の母親は簡単に職場を変えられない。何とか介護従事者が高齢者の生きがいを尊重する働きができるようにしてほしいと声をいただきました。道行く人と直接話ができて池座俊子さんの政策が伝えられる場に一緒にいられて嬉しかったです。

15日が告示、22日が投票日です。民主党の推薦を受けた池座俊子さんと自民、共産、3人の候補予定者が名乗りを上げているようです。ぜひ狛江市議会に再び市民の議席を獲得して、吉野芳子さんと一緒に市民政治を実現してほしいと思います。