2008年第4回定例会で気になる一般質問

2008年11月25日 20時31分 | カテゴリー: 議会報告

その③区民との協働の概念

  品川・生活者ネットが提案し続けている「市民との協働」が最近は区の文書にも非常に良く出てきます。しかし言葉は同じでも、まだまだ内容の理解に乖離があるということが、区長の答弁で分かりました。協働の概念、市民参加とはどう違うのか?区長は協働とは行財政改革の手法のひとつで区民と連携してまちづくりをすること、市民参加はプロセスに参加意見を求めることで明らかに違うものという見解を示しました。ん~ちょっと釈然としない感じです。生活者ネットが考える協働は課題解決に自ら取り組む市民の活動を行政が支援をし、新しい公共分野を広げていくことです。
みなさんの考える協働はどのようなイメージのものですか?
(井上八重子)

写真:読売新聞編集委員の青山彰久さんから「分権改革の核心・議会改革の位置」をテーマにする講演を聴く。特別区議会議員講演会(08.11.12)