ねむの木の庭でちょっと一息

2010年11月24日 18時01分 | カテゴリー: 活動報告

正田邸跡のねむの木の庭(品川区東五反田5丁目)
正田邸跡のねむの木の庭(品川区東五反田5丁目)
 区政へのご意見や日々感じる生活への不安などを区政報告をしながら地域を回り伺いました。

 「高齢の親を介護しています。週二日デイサービスを利用していますが、1カ月に数日ショートステイを受けられる場があれば、家族の負担も少し減り、介護が続けられるかな。3か月ごとに施設を転々として、結局遠方にしか居場所が確保できないのは品川に生まれ育って、税金を払い続けているのに悲しいですよ。」

 「ちょっと厳しい言い方かもしれないけど、生活保護で甘えている人が中にはいるわね。70代80代は厳しい親にしつけられた世代だから、死に物狂いで生きてきたわ。努力している人や本当に手を差し伸べなければならない人にこそ手厚い支援をすべきだわ。」

 学校では生きる力が子どもにつくような教育をして欲しい。いじめで自殺をする子を絶対に出さない教育、学校や教育委員会から離れたところに、相談や救済をする機関が欲しいわね。」 

「おかげさまで今何も心配はないわね。」

たくさんの人と会話をし、意見をいただいて勤労感謝の一日を過ごしました。(井上八重子)