今年最後の駅頭です

2010年12月30日 17時04分 | カテゴリー: 活動報告

政策委員長の小林けさみさんと
政策委員長の小林けさみさんと
私たちの日々の生活に直結する事業を決定する自治体議会の構成を、市民自らが選ぶ大事な選挙が来年、2011年4月にあります。
行政や議員にお任せする政治ではなく、選んだ議員を使いこなして市民自治を推進する政治に変えたいと思っています。
毎週1回行う大井町駅での駅頭は12月24日のクリスマスイブのイブが最後でした。政策委員長の小林けさみさんと現職の市川和子さんと私井上八重子がネットワークニュース№77を道行く人に配りながら、議会報告、2011年統一地方選に向けた政策をお話しました。そして月曜日に行っている中延駅の駅頭も27日を2010年の締めくくりにしました。

多様な人々が互いの個性を大切にしながら、持続可能な豊かな社会を築いていくために、税金の有効な使い道と世代を超えて共生するルールを決めることが政治の果たすべき役割です。行政の追認機関にとどまらない自治体議会を、市民の声をきちんと反映して決定できる自治の場へと変えていかなければなりません。
参加と市民自治を促進し、地域から政治を変えていくことを訴えました。

来年の統一地方選挙は首長選挙がないので区議会議員の選挙だけですが、過去最低の投票率の更新はしたくはありません。選挙は政治参加の絶好のチャンスです。有効に活用しましょう。

2011年はお任せの政治ではなく市民主権の時代を切り開く幕開けの年にしたいと思います。
(井上八重子)