原発都民投票条例の本請求に立ち会いました

2012年5月13日 00時14分 | カテゴリー: 活動報告

都民32万3076筆の思いが積み上げられた
都民32万3076筆の思いが積み上げられた
5月10日、法定署名(21万筆)を遥かに超える、都民323.076名分の署名簿(160箱)を東京都知事に届けました。都庁第二庁舎の1階に300名もの市民が集まる中で、請求代表者の代表が「原発の再稼働を市民が判断をして投票する」そのしくみをつくるために集めた署名を手渡しました。

受け取ったのは東京都総務局の職員で、その会場には石原都知事の姿はありませんでした。ミス・・・の表敬訪問にはにこやかにマスコミのカメラに収まる姿が新聞には出ているのに、32万人もの思いを直接届けられないのは残念です。

当日の様子は多くの新聞・メディアが取り上げました。
これから20日以内に石原都知事は知事の意見を添えて議会を招集します。知事は条例の制定には否定的といわれていますが、都議会の審議では「知事与党であるから反対」というような政治的な判断でお茶を濁されないように、都議会を傍聴して確かめましょう。