講演会「東日本大震災を障害者は、どう生きのびたのか」

2012年8月1日 11時34分 | カテゴリー: 活動報告

第16回共生共走リレーマラソン・プレイベントのおさそい

2012年8月5日(日)午後1時30分から品川区中小企業センター大講習室で標記の講演会が行われます。主催は共生共走リレーマラソン実行委員会/後援:品川区・港区他です。
 
共生共走リレーマラソンは“だれもがともに”をテーマにふだん交流することが少ない人々、特に障がいのある方々やさまざまな民族、在日外国人の方々との出会いの場になることを願い、八潮パークタウン多目的広場で開催して今年が16回目となります。

今年は昨年に引き続き、東日本大震災の被災地の人々を応援し連帯する場にしたいという思いから、プレイベントでは大震災で障害者といわれる方々がどのように被災地、避難所で過ごされてきたのかを、福島、宮城の両県から当事者の方に来ていただきお話を聞きます。資料代は500円でどなたでも参加できます。関心のある方はどうぞお越しください。

日時:2012年8月5日(日)午後1時30分~
場所:品川区中小企業センター大講習室
(品川区西品川1-28-3 ☎3787-3041)
講演:東北の被災地から
   福島県田村市「福祉のまちづくりの会」
   宮城県仙台市「円 まどか荒浜」
資料代:500円