国保基本検診受診率UPと1泊2日ペア旅行

2012年8月8日 23時24分 | カテゴリー: 活動報告

人の土俵で相撲を取ることに長けている品川区

 国保健診50%受診率達成を目指すプロジェクトのキックオフと国保基本検診受診票の封筒に入っていたハワイアンズにいこう!というチラシが、今日私の情報の中で一致しました。

キックオフは検診受診率50%をめざして区内在住のお笑い芸人ワッキーさんを応援団長に区長が任命するというイベントですが、詳しくは何やらわかりませんでした。

区民の健康維持と医療費の削減に効果のある検診は、区民にとって大変ありがたい制度で、対象者の65,000人が検診を受けたら元気自治体品川を素敵にアピールできるでしょう。

自治体は検診受診率をあげなければ、税金をペナルティで拠出しなければならないという恐ろしいルールを区民は知らされていませんが、税金の無駄使いをなくすためにも検診を受けることをお勧めします。

受診しない人への再通知という対策よりも、私は受診者へのインセンティブが働くしくみを導入した方が良いと考えていました。それが品川区ではハワイアンズ旅行や賞品でした。驚きと同時に、大金の税を投入していたら論外!!と担当職員に確認したところ、プロジェクトに協賛する民間企業からの提供によるものということでした。
品川区は人の土俵で相撲を取ることに長けているなと感心してしまいました。

このプロジェクトは区が提起する課題「生活習慣病予防の知識に関する普及・啓発および健診受診率向上【国保医療年金課】 」に㈱JTBコミュニケーションズと㈱ルネサンスが協働事業として提案し審査を通っています。2012年4月から翌年3月までの1年間の事業委託を受けています。