「ぷらーす」・上大崎つばさの家開所式

2014年3月28日 15時30分 | カテゴリー: 活動報告, 高齢者・障がい者福祉

桜の花が一気に開花しそうなあたたかな日の3月28日(金)に、まちに待った区内初の発達障害者支援施設の開所式が行われました。

上大崎1丁目の鉄道弘済会が所有する通勤寮がその役割を終え、新たに発達障害支援施設として生まれ変わりました。品川区が施設を借り上げ、運営を社会福祉法人げんきが指定管理者として担っていきます。

施設の名称は「ぷらーす」語源はフランス語の広場、空間、場所、居場所という意味に、「さらに良いこと」のプラス(Plus:英語)の意味も込めているそうです。

施設の詳細は、エヴリィ…就労継続支援A型、ガーデン…就労支援B型、リクト(LicT)…発達障害者成人期事業、ら・るーと…発達障害・思春期サポート事業(品川区委託事業)、上大崎つばさの家…介護サービス包括型グループホーム(対象者知的障がい者女性定員5名)が入る地下1階地上3階の建物です。

複合施設としてたくさんの機能を設けているため、ひとつひとつのスペースが狭いことは残念ですが、利用者にとって自立支援につながる施設として地域の方々にも応援していただけるよう、見守りたいと思います。(井上八重子)