品川区の情報公開がまた一歩前進しました

2014年6月6日 13時04分 | カテゴリー: 活動報告, 高齢者・障がい者福祉

今日のような雨にはアジサイがきれいですね

介護保険制度が2000年にスタートしました。保険者である品川区は3年ごとに、3年間の介護利用者や介護給付に合わせてサービス提供量や第1号保険者(65歳以上)の介護保険料などを決める介護保険計画を策定ししなければなりません。最新の計画が2012年~2014年の第五期計画です。 

介護保険制度創設時の策定員会で品川・生活者ネットワークの強い提案で公募委員の導入が区で実現しました。1998年のことでしょうか。区の審議会や策定委員会で初めてのことです。

今年は第五期の最終年で、第六期(2015年~2017年)の計画策定の議論が始まるなあと思い、制度推進委員会の議事録を区のホームページから探したのですが見つかりませんでした。えっ?ちょっと衝撃でした。すぐに所管課に行って、早急に介護保険制度推進委員会の資料及び議事録をホームページに掲載するよう提案。この提案はすんなり通りました。 

何ですんなり通ったかといえば、都市計画マスタープラン、長期基本計画、子ども子育て会議など最近の原則公開とされる会議の議事録はホームページですでに公開済みだからです。 

高齢者福祉課にはHPに公開したら、お教えてくださいねとお願いしていたのですが、更新日が5月12日ということはすっかり忘れられちゃていたということですね。
まっ、いっか。 

区民に皆様、トップページのライフステージ別ガイドの高齢・介護→品川区介護保険制度推進委員会→開催日程をクリックして議事録の閲覧をしてください。(井上八重子)