市民運動の成果!!教室型説明会順次開催

2018年12月23日 14時52分 | カテゴリー: 活動報告

羽田都心低空飛行ルートの白紙撤回を求め、南大井文化センターで行われた説明会の様子を報告する吉田ゆみこ、田中さやか(2018.12.21大井町イトーヨーカドー前)

羽田新ルート計画について、これまで求め続けながらなかなか実現しなかった教室型の説明会が開催されることが決定しました。これは、市民の運動の成果です。

第1回目は南大井文化センターで12月20日19時から開催されました。来年1月に他3ヶ所で実施することが予定されています。

○日時:2019年1月10日(木) 19:00~20:30
会場:八潮学園
対象:八潮地域センター管内の方

○日時:2019年1月17日(木) 19:00~20:30
会場:山中小学校
対象:大井第二地域センター管内の方

○日時:2019年1月22日(火) 19:00~20:30
会場:城南小学校
対象:品川第二地域センター管内

品川ネット吉田ゆみこも詳しく、議会での羽田新ルート問題を報告しておりますので、吉田ゆみこHPを参照ください。

説明会当日の様子が早速SNSにアップされていたので、参加できなかった私も内容を知ることができました。またNHKのニュースでも報道されていました。100人ほどの住民参加があり、地域センター管内以外の区民の方も少しは入場できたようです。が、区外からわざわざ来られた方はシャットアウトしたようです。このようなことをするのであれば、速やかに他区での開催を実施すべきです。それをやらないから、わざわざ交通費と時間をかけていらっしているのです。

 

品川区の要請で説明会が行われ、会場でのマスコミ取材も区は許可していたにもかかわらず、国土交通省が拒否をして、報道機関が退席したようです。

なんで??ですよね。

品川区が許可しているのに、国土交通省に拒否する権限があるのでしょうか。品川区もっと自信を持って自治権を主張してよ。しっかりしろ~~~と言いたいですね。(あくまでもエールです)
国交省側の取材拒否の理由は、会場での質疑の取材は「参加者を萎縮させる」という詭弁でしたが、“委縮するのは参加者ではなく国交省でしょう”とそこに集まった方々は誰もが思ったことでしょう。

今後行われる説明会では、品川区は毅然と報道について問題が無いと主張するよう区民が要望しましょう。(井上八重子)