第1回定例会が3月28日に閉会しました

2006年4月5日 23時59分 | カテゴリー: 活動報告

一般会計予算案を含むすべての会計に賛成

 予算特別委員会では2006年度一般会計予算案などの4会計に意見と要望を述べて賛成しました。

「生活者ネット・無所属の意見表明」

 2006年度一般会計、国民健康保険事業会計、老人保健医療特別会計、介護保険特別会計の各会計予算に以下の意見を付して、原案どおり可決することに賛成いたします。

 今年度予算は昨年比3.8%増の1341億円余の規模となり一見景気回復の兆しを思わせますが、高齢者の非課税措置や定率減税廃止など税制改正による増税の結果ともいえます。自治体は、限られた財源の中で、納税者の納得のいく施策を執行する難しい時代の真只中にあって、区の自己決定権の拡大に伴い、住民等への説明責任を果たし、行政運営の公正を確保し、計画過程の透明性の向上を図ることが求められます。

品川区政においては生活者の人権を守り尊重することを第一義に、行政の最も重要な施策であるセーフティネットの充実に、より一層力を入れることを要望します。

 指定管理者評価システム・市場化テストの考え方、障がい者自立支援法に伴う利用者へのきめ細かな対応、品川清掃工場の安易な廃プラスチック焼却問題、みどりの保全の具体的施策、新たな小中一貫校構想の説明責任、特別支援教育の就学前児童を含む長期的な支援など、施策の展開には当事者および地域の参加が不可欠です。

行政の政策を決める形成過程への市民参画と開かれた区政を強く求めます。

※写真は品川区民公園の桜です